作り置き野菜スープの素

健康

一週間に一回くらい冷蔵庫の中を整理すると、「早く使わないと、傷んでくる」という野菜がありますよね。

廃棄処分にするのはイヤなので、全部使い切ることをモットーにしています。

そこで、中途半端に残っているキャベツ、大根、玉ねぎ、ジャガイモ、ニンジン、キノコ、茹で大豆など

同じくらいの大きさに切って大鍋に水とともにいれます。

味付けはしない。10㌢角に切った昆布を入れるだけです。

材料が全部柔らかくなるまで煮ます。

*水は少なめで作った方が保存がしやすいですね。

 

この作り置きスープの素を作っておくと、

・味噌汁・・・顆粒だし+味噌

・スープ・・・コンソメ

・カレー・・・カレー粉

忙しいときに、栄養豊富な一品が短時間で出来上がります。

 

野菜不足の6つの問題点

1日に必要な野菜量は350gといわれていますが、なぜ野菜をたっぷり摂らないといけないのでしょうか?

野菜不足になると次のようのことがおこります。

①腸内環境が悪化する・・下痢や便秘

②肌が荒れやすくなる
ビタミンや食物繊維は人の体内で作れない・・ニキビや湿疹 頭皮のかゆみやフケ

③疲れやすくなる
ビタミンは、代謝を良くしたりエネルギーの生成する

④免疫力の低下を招く
野菜に含まれるビタミンには抗酸化作用がある

⑤生活習慣病の要因となる
野菜には血圧を下げ、動脈硬化の予防、発がん物質の発生を防ぐなど役割がある

⑥体臭がでやすくなる
活性酸素が増え、臭いを発生させる物質が増える

ひとつでも思い当ることがあれば、野菜不足ですよ!

 

このような野菜作り置きスープを作る時間がない方はコチラ

 

『野菜を楽しむスープ食』とは?

ウェルネスダイニングが、野菜不足が気になる方のために開発した
『野菜を楽しむスープ食』です。

『野菜を楽しむスープ食』5つのポイント

①レンジでチンするだけ

1食で1日に必要な野菜の半分を摂ることができます。

1食で15種類以上の野菜を摂ることができます。

④管理栄養士監修で気になる塩分も2g以下

⑤気分や好みに合わせて選べて嬉しい8種類の味と、
サービスの刷新に伴い新たに12種類の味をセットにしています。

野菜不足を気にして、サプリメントなど飲んでいる方には、手軽に野菜がたっぷり摂れるので

お勧めします。

宅配健康食で有名なウェルネスダイニングから新提案!管理栄養士監修の『野菜を楽しむスープ食』

タイトルとURLをコピーしました